ENTRY

クリエイティブDiv. デザイナー 小林慶子 クリエイティブDiv. デザイナー 小林慶子

受託から自社サービスへ。チームワークへの共感。

うち(オンライフ)に入る前は、クライアントから依頼をうけて制作物を納品するという、いわゆる受託制作の会社にいました。 デザイナーとして業務をする傍らで、社外とのやりとりもしていました。 ディレクションに入る機会が多くなってくると、制作そのもののスキルが上がらず、感度が低くなってきているな、という実感があったんです。 そこでは、とにかく業務時間が長くて。これは多くの受託制作会社がそうなので、仕方ないことでもあるんですけど。

毎日激務をこなしてたある日、仕事仲間から「こんな会社が募集してるよ」と教えてもらったのが、オンライフでした。 話を聞いてみると、制作人員がそもそも足りてないと言われて。実際かなりバタバタしている状況でした。 年齢的にディレクションをやってほしいとは言われていて、受託ではなく自社製品がメインなので、まあ今までほどの激務具合では無いだろうと。(笑)

「自社商品をチームで伸ばしていく」という考えに共感しましたし、何より社員が面白かったです。 まず、代表の持丸が半ズボンで出てきたんですね。最初は驚きました。(笑)マネージャーも、初対面からフランクに接してくれて。 なんとなく若そうな、勢いのあるベンチャーだなというのが印象的でしたね。それで自分自身の今後のキャリアを考えて、転職することにしたんです。

img1 img1

売上を最大化するクリエイティブを。
年次が高いからこそ出せる介在価値。

いまはクリエイティブの部署で、自社サイトから製品LPまで、幅広く制作に携わっています。 ディレクションから実際に手を動かすところまで、業務範囲自体も非常に広いです。 うちでは、作ったWebページは作りっぱなしではなくて、結構頻繁にテストを行うんです。なので、画像クリエイティブを複数制作するような業務も多いですね。

アウトプットの目指すところとしては、とにかく「売上を最大化できる」もの。そういうクリエイティブを作ろう、というのがチームの共通認識です。 あとは社内だからこそレスポンスを早められる部分もありますし、忌憚なく意見を出し合えるので、コミュニケーションコストを下げられる。 というのも、わたしたちの介在価値ですね。

私自身、会社の中で年齢が割と高いほうなんです。だからこそ出来ることも実はあって。 チーム内でうまくいっていない状態をいち早く察知して、率先して間に立つ。そんな動きもわたしの重要な役割かなと。

img2 img2

会社史上初の産休、そして復帰。
母親の問題解決をするプロダクトに携わってみたい。

クリエイティブの仕事は、一見すると、「上から降りてきた要件をこなす」のが全てのように見えたりもしますが、そうじゃないんですよね。 月1で開催される納会で「この商品が売れている!」なんて報告もよくあるんですが、そういうときが一番嬉しいです。 もちろん、デザインが良かったから売れたという単純な話ではなくて、商品開発やマーケター、みんなの成果なんですけど。 いつもテンション上がります。そうやって、みんなで盛り上がれる成果をどんどん積み上げていきたいです。

オンライフは働きやすい職場環境だと思っていて、転職してから、これと言って不満は無いですね。 実際は上司たちが、危険があったらそれをセーブしてくれているんだと思いますが。 もしかしたら、私は産休明けなので遠慮されているのかも?むしろ任せてもらって大丈夫なんですけどね。いつでも混ぜてくれたらやりますよ。(笑)

社内制度には助けられています。子どもの急な体調不良があると、月に2回半休とれる制度を使ったり。 私はオンライフ史上、産休第一号・復帰第一号社員なんですけど、それも他社の産休制度を調べて提案したもので。 すぐに採用してくれました。でもオンライフはまだまだ発展途上。若いベンチャー企業で、連絡系統が雑だったりするところも実際あります。 それらを着実に整えて、よりスムーズに、より良いクリエイティブを作っていけるように努力します。 私自身が母親なので、いつか「お母さんの問題解決ができる」商品の開発に携わってみたい、なんて野望もあったりします。

img3 img3
staff staff