ENTRY

EコマースDiv. マーケティング 吉野雄太 EコマースDiv. マーケティング 吉野雄太

SEからマーケターへ。
本質から外れない代表の考えに惹かれて。

私はいまEコマースDiv.でマーケティングをしているんですが、2012年にオンライフへ入社する前、実は宇宙関連事業のとある機関でシステムエンジニアをやっていたんです。元々文系だったんですけどね。(笑)「宇宙」と言うとやはりロマンがあって、未来をつくる仕事をしていて非常に楽しかったんですが。自身のキャリアと向き合って考えてみたときに、これは永遠に続けていく仕事ではないな、と思ったんです。

それで求人サイトを眺めていたら、オンライフが目に飛び込んで来ました。というのも、着ぐるみを着た人がオフィスで土下座して「お願いです!力を貸してください!」と言っているアイキャッチ画像があって。嫌でも目につきますよね。(笑)もう少し会社について調べてみると、代表(持丸)のブログを発見したんです。若いベンチャーで、人手不足。変わった人だなあと思って、応募してみることにしたんです。

いざ面接に行って感じたのは、持丸が兎にも角にも魅力的な人間だということでした。会話の中でも、いざというときにズバッ!と的を射た発言をするんですね。それで、息抜くところではがっつり抜いていて。それは入社してからも変わりませんでした。本質から外れないというか。根っこから面白い人なんです。

img1 img1

EC事業は会社の「ガソリン」。
役員を含めた全社員が、ひとつの
チーム。

いまオンライフでは、広告・マーケティング全般を担当しています。これまでの数年間で色々な業務をしてきましたが、主に運用や数値計測・分析などになります。もちろん新規案件も。あとは、マネージャーの補佐的な役割を担ったり、分析をメインでやっている人間が少ないので、他のチームメンバーから相談が来たりというのも頻繁にありますね。

オンライフにとって、EC事業部は会社のガソリンみたいなもので。まだまだ伸ばしていくところです。ユーザーが求めている本質的価値を追求して、それを提供する。会社理念の下支えになっているようなものです。私は性格からなのか、常に慎重に慎重に動こうとするんですが、(オンライフ全体の雰囲気として)「そんなの仕方ないから、とにかく前進しなよ!」みたいな勢いがあって、それが刺激的でもあります。

(自分は)神経質なタイプなのかもしれません。下調べをしっかりするような人間で。それで狙って打った広告がうまくいったときは、嬉しいですね。社長もしっかりと話しを聞いてくれて。役員を含めて、全ての社員がひとつのチームという感じです。

img2 img2

小さくても、一歩ずつ。
着実にスケールさせる。

悩むことも多いです。例えば、「何をやっても売れない」とき。最近は、限界まで分析してもダメだという場合、すぐに頭を切り替えるようにしています。市場価格、内容、デザイン。全てを本気で作り込んでも、全然うまくいかないときだってあります。自分の過去の行動に反省する機会も多いです。

失敗を繰り返さないためにも、より社内メンバーで密なコミュニケーションをとっていきたいです。いまでも、よく週末に飲みにいったり、スポーツをしたり、結構活発に仲良くやってるんですけどね。連携をもっと強化していって、継続的に、安定的に売れる商品を、複数作っていきたい。小さくても良い。安定的に積み上げていって、着実に事業をスケールさせていきたいです。

私個人で言えば、いまの業務の精度をより高めていく。単純ですが、それが目標です。より的確な指摘ができるように。より緻密で高度な分析を。着実にスキルアップして、「ほらね、言ったじゃん!」と胸を張る。そんな商品の売り方をしていけるように努力します。その結果、事業部全体の利益規模を、一歩ずつ拡大させていきます。

img3 img3
staff staff