ENTRY

ワイン&レストランDiv. ハワイアン・カジュアルダイニングバー 
<オラクルベリー> 店長 ワイン&レストランDiv. ハワイアン・カジュアルダイニングバー 
<オラクルベリー> 店長

職場が閉店。直感で決めた新店舗立ち上げ。

オラクルベリーを始める前、私は六本木のカラオケバーで働いていました。そこでは割と長く働くんだろうなと思っていたんですが、色々あって閉店してしまって。何かをしようという強い意思もそのとき特に無かったので、実家に帰ろうと思っていたんです。

そんなときに、知り合いから持丸を紹介してもらって。「こんな飲食店をやろうと思ってる」という話を聞いて、素直に「あ、それ私やりたい」と思ったんですよね。1からお店を始めてみる、というのは実は1度やったことがあったんですが、その時はうまくいかなかったんです。でも何となく、社長(持丸)とやったらうまくいくんじゃないか、面白そうだなと思って。

いまは本当に働きやすくて。何か困ったことがあったら、すぐに相談できるところとか。メニューなども含めて、色々と好きなようにやらせてくれて、頑張ったらその分ほめられますし。(笑)カラオケバーの前にはバスガイドをやっていたんですが、こんなに上との距離が近いのは初めてで、すごくやりやすいです。

img1 img1

基本スタンスは「自由にやること」。
お客さんが自分のモチベーションに。

いまはオラクルベリーという店の店長をやっているんですが、シフト管理や数値管理、在庫管理、採用など、お店に関するあらゆる仕事をしています。現場でドリンクを作るのももちろん重要な仕事で、正直手が足りていません。(笑)お客さまを待たせてしまわないように、より喜んでもらえるように、お酒を作れる人は常に大歓迎という感じです。

お店で、お客さんと笑って話しているときが一番楽しいですね。お客さんに混ざってダーツをすることも多くて、勝ち負けよりも、ただその瞬間が本当に楽しくて。自分に向いている仕事だとも思いますし、手前味噌かもしれないですけど、ふと良い店だなあと思うときもあります。(笑)

「飲食ってきついでしょ」と言われることも多いんですが、全然そんなことなくて。
いや、もちろん、きついときもあるんですよ。(笑)でも、どんな仕事もそれはあまり変わらないじゃないかって思います。困ることはあまり無いんです。”困りそう”になったらすぐにそれを社長に相談するので。例えば、「今日はあまり人が動いていないんで、早締めしていいですか?」とか。こんなこと普通は言えないと思うんですけど。(笑)基本的に、「自由にやっていいよ。売上はたててね。」と、そういう感じです。

img2 img2

新橋と言えばオラクルベリー。
「居心地の良い場所」No.1へ。

そんなに多くの会社を知っているわけではないんですが、オンライフって、とにかく「普通とは違う感」みたいなのがあって。ここまで自由にやらせてくれるところもそうだし、飲みに来る社員の人たちも、みんなすごく仲が良いんですね。

今後は、「新橋と言えば、オラクルベリーだよね」と言われるくらいのお店にしたいです。いまの常連さんにはより喜んでもらえるように、初めて来るお客さんには常連になってもらえるように。”いつもあの店混んでるよね”と思われるくらいのお店に。
実際、混みすぎて常連さんが入れないのも困るので、ここは難しいところなんですが・・・(笑)

本当は、「今日ひとりもお客さんが来なかったらどうしよう」とか、不安になる日もあるんです。むしろそれが毎日かもしれません。でも、開店してお客さんと話しをして、笑っているとそんなことどうでも良くなる。もっと、色々な人にとっての「居心地の良い場所」を目指していきたいです。

img3 img3
staff staff